ノウハウ

2014.10.17
    ERP の効果的な活用方法とは(第2回 未だに ERP 導入効果が感じられない・・・?)

    コンサルタント太田 達也

    • Facebookでシェアする
    • Twitterでシェアする
    • LINEでシェアする
    • メールでシェアする

    第1回では、情報の整理整頓により全社的な生産性向上を目指すという ERP の導入目的のためには、今までより多少の手間がかかることはやむを得ない場合があるというお話しをしました。第 2、3 回に渡り、手間をかけているのに ERP の導入効果が感じられない場合に、振り返って確認してほしい点についてご紹介します。

    ERP を導入したことによって詳細な情報を入力するようになり実際に手間がかかるようになったのだが、それに見合うだけの効果がいまだに実感できないという方は少なくないのではないでしょうか。ERP を使用している企業にお聞きすると大体半数くらいの企業でこのような声を聞きます。ERP パッケージは情報を整理整頓して入力し標準化されたルールで運用するための道具なのですが、このような企業では ERP パッケージの特徴を活かしきれていない可能性があります。
    どんな道具にもあてはまると思いますが、ある道具を“効果的”に活用するには、その道具の“特徴”を知りその特徴を自分の目的のために上手に利用できるかが重要になります。ERP パッケージも経営のための道具に過ぎませんので、まずはその特徴を知る必要があります。ERP パッケージの特徴として以下の点が挙げられます。

    情報の一元性
    会社の中では様々な部門が自身の活動のためにいろいろな情報を作成して管理しています。これらの情報が会社全体では共有されていない場合には、部門をまたがって情報を集める必要がある場合には非常に労力を要します。がんばって集めてもそれぞれの部門でデータの意味しているものが違ったりして結局意味のあるレポートが作れなかったりします。また、情報が共有されていないがために、隣の工場に在庫があるのに新たに生産してしまうようなことも発生します。ERP を導入すると、会社全体で情報が一元管理されるので、どの部門が入力した情報でもその情報の持つ意味合いは1つでかつ誰でも見ることができます。倉庫の担当者が入力した部品の棚卸在庫情報は、生産部門でも経理でも同じ部品在庫情報としてそれぞれの目的で照会し使用することができます。また会社全体の情報が見えるようになることで、無駄な在庫を作ったりすることもなくります。

    リアルタイム
    情報の一元性とも関連があるのですが、ERP ではある業務が発生すると、それに関連する情報がリアルタイムで更新されます。例えば、製品が完成して入庫すると、在庫数量が更新され、同時に会計伝票が発生し棚卸資産が計上されます。受注も在庫も生産予定も“今”の情報が入ってますので、常に今の需給状況を確認しリスクがあるものは事前に対応することで回避できるかもしれません。

    情報の正規化
    ERP の中の情報やプロセスは完全に正規化されています。つまり、同じ情報を複数繰り返して入力する必要はなく、また入力されている情報は完全に整合性がとれていることが保証されています。ERP の導入によってシステムに入力する情報量が増え、今までの情報管理レベルより上がることによって、情報入力の工数が増えることは確かですが、同じレベルの情報管理を既存のシステムやルールで実現しようとしたらその何倍もの工数がかかるのは確実です。情報の整理整頓ということに関しては、ERP パッケージは最も効率的にデザインされています。

    ビジネスプロセスモデル
    ERP で実装されている機能は、全て何らかのビジネスプロセスを想定されてつくられています。そしてその想定されているビジネスプロセスは、世界の有力企業における業務(ベストプラクティス)をベースにしたり、または実際に導入した企業からのインプットによって新たなプロセスを追加することによって定義されています。自分の企業の業務プロセスを見直したり、新たな事業を始める際には効率がよく矛盾が発生しない業務プロセスを考える必要があると思いますが、ゼロベースで作り出すのは非常に時間と労力が必要です。ERP に含まれている業務プロセスは世の中一般的な標準プロセスであり、さらにその中には矛盾や無駄は一切含まれていないため、たたき台として使用するには非常に有用です。

    パッケージソフトウェア
    ERP のもう一つの特徴は、それがパッケージソフトウェアという点です。上記のような特徴を持ったシステムが既にできあがっており、ソフトウェアを購入することでそれを使用することができます。実際には個々の企業ごとの要件にあわせてパラメータ設定をおこなって初めて運用可能になります。基本的には全て業務要件をパラメータ設定に落とし込んでいくことになるので、年月が経ってビジネス環境が変わりそれにあわせてシステムも変えたいという場合も、新たにシステム開発をするのではなく、パラメータ設定を変更するだけで対応できます。また時代に合わせてビジネスモデルも変化していきますが、ソフトウェアのバージョンアップをすることで、最新のビジネスモデルを考慮した機能を取り込むことができます。また自前開発のシステムではそのシステムに詳しい人間がいなくなってしまうと保守・管理ができなくなってしまうリスクがありますが、ERPパッケージであればスキルを持った人間を外部から採用することができます。つまり、保守・管理・改修の面でパッケージソフトウェアは優れた特徴を持っています。

    ERP の導入効果がみられない企業の多くはこれらの特徴を活かしきれていないことが多く、ERP のなかにある整理整頓された情報の宝を使いこなせていないことが非常に多いと思います。

    第 3 回では、具体的な例を交えて、何故 ERP の良さが活かされなくなってしまうのか、またその改善アプローチについて考えてみます。

    コンサルタント太田 達也

    1995年外資系パッケージベンダー入社。生産管理及び計画領域を軸としたコンサルタントとして、グローバルSCMの構築や生産計画プロセスの改善などで実績を残す。2007年マネジメント・プロセス・コンサルティング株式会社に入社、大手外食チェーンの差プラチェーン改革、流通小売企業の全社経営改革など、クライアント企業の一員となってプロジェクトをリードするスタイルで活動。